2015年06月07日

夕張川探鳥会

 夕張川流域で実施した、主に草原の鳥の探鳥会に参加しました。絶好の晴天で約30種の鳥を見ることができました。最初に訪れた河川敷の草原では、空に舞うヒバリの囀りを聴きながら、オオヨシキリ、コヨシキリ、ノビタキ、などおなじみの草原の鳥がオオイタドリや今盛りのオオハナウドの上にとまり盛んに囀っていました。途中夕張川に新たに作られた魚道の辺りでは、タカの仲間のノスリ、上空にはオジロワシも現れました。「オジロワシ」
というとオホーッツクの流氷を思い浮かべますが最近はこの辺りで繁殖もしているようです。本来は冬の鳥なのですが、時折舞っています。夏の訪れを告げるエゾセンニュウの声に迎えられ最後は夕張川の崖条になった河畔に作られたショウドウツバメの集団営巣地を見に行きました。およそ300羽のツバメたちが崖に穴を開け巣作りの真っ最中でした。東南アジア方面からやって来てまだ間もないのですが、やがて卵を産んで雛を育てるのです。以前より年々数は減っているようです。集団で営巣する適地が減っている上、アライグマなどにも巣穴を襲われるからでしょう。毎年いつまでも見られることを願っています。
IMG_3076.jpg


IMG_3071.jpg
IMG_3072.jpg
夕張川にサケたちが戻ることを願い今年完成した魚道。

IMG_3078.jpg
崖の穴がショウドウツバメの巣。
posted by meganeojisan at 21:30| Comment(0) | 自然・風景

2015年06月06日

北海道立文学館で公演

 久しぶりに札幌の道立文学館で公演。文学館と行ってもなにも、文学的な人形劇をする訳ではなく「いろいろげきじょう2015」の通常の公演です。今の時期、運動会や子供向けの様々な行事が多い時期で、集まりは今ひとつでしたが小さな子供から大人まで熱心に観てもらいました。1時間の公演ではまだ物足りないようで、終演後も舞台裏の影絵や人形を興味深く見たり、大人の方は写真を撮ったりしていました。
IMG_3055.jpg

IMG_3063.jpg
今日の子供達と作ったマリオボットくん。
IMG_3059.jpg

終演後の舞台裏です。
posted by meganeojisan at 23:00| Comment(0) | 今日の公演